ブログ

2014年11月13日 木曜日

NGホームケア

1、髪に合っていないシャンプーを使っている

  髪の毛の成分は、タンパク質ですが皆さんが日々行っているブラッシングや
  カラーリング、パーマさらに食べ物や紫外線などにも
  
強く影響を受けて状態は変化します

  ダメージがひどい状態なのに、髪の毛に合わないシャンプーや

  
頭皮に対して強い洗浄成分のあるシャンプーを使うと、髪や頭皮の
  
状態は悪化してしまいます


2、濡れたまま寝ている

1、濡れたままの髪の毛はキューティクルが膨張して剥がれやすくなっています。
  ですから濡れたまま寝ると、枕との摩擦でキューティクルが剥がれてダメージに
  つながってしまいます。


2、頭皮が冷える 
  濡れたままの状態でいると髪に水分がのこっている状態なので
  頭皮が冷えてしまいます、頭皮が冷えると血行が悪くなってしまうので抜け毛の原因になります。

3、雑菌を繁殖させてしまう
  濡れたままの髪で寝るというのは、濡れた雑巾をそのまま放置しているのと同じこと、
  枕と濡れた髪に密閉された頭皮は大量の雑菌が湧きます。


ドライする際は洗い流さないトリートメント等をつけてからドライすると
保湿効果がUPするので、つけてからドライしてください!!
  



宮嵜





カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            


■住所
〒158-0097
東京都世田谷区用賀2-12-22
C33イイダアネックス5ビル1F

■営業時間
9:00~19:00

■定休日
毎週火曜日・第3水曜日

■電話番号
03-3700-4990
(HPを見たとお伝え下さい。)

詳しくはこちら